文字のサイズ


グループホームとは
 スタッフと共同生活をしながら家庭的な日常生活を通じて、認知症をケアするために生まれました。
 中程度の認知症高齢者の方で寝たきりではなく、食事や歩行、排泄、入浴ができるなどの生活の上で自立している事が必要です。また、認知症状のために誰かが見守り、日常生活を続ける上で補助や援助を必要とする方が対象となります。
 すなわち、認知症のため自宅で独りでは日常生活を営めないが、誰かのサポートがあれば生活を営める方の共同生活住居です。また、入居は要支援2、介護度1以上で認知症状の診断が必要です。


はるすのお家・橋本

はるすのお家・和歌山

はるすのお家・阪南

はるすのお家・西吉野




<食事>
・食事の提供及び食事の介助をします。
・身体状況・嗜好・栄養バランスに配慮して作成した献立表に基づいて提供します。
・買い物、調理、配膳等を介護スタッフと共に行うこともできます。
<入浴>
・衣服の着脱、身体の清拭、洗髪、洗身等の状況に応じた介助を行います。
・入浴の都度お湯の入れ替え及び、浴室の清掃を行います。
<排泄>
・状況に応じ適切な介助を行うと共に、排泄の自立についても適切な援助を行います。
<その他>
・着替え、寝具消毒、シーツ交換、洗濯、居室の清掃等の日常生活のお世話も行います。
<外出>
・介護スタッフが同行して、車や徒歩で買い物や外食、喫茶、野外活動、散歩などの外出。
・地域の行事への参加、季節の行事。
<レクリエーションなど>
・ホーム内の畑で家庭菜園やセラピー犬との散歩が楽しめます。(はるすのお家・橋本のみ)
・誕生日会・お花見・夕涼み会・敬老会・クリスマス会等などのイベント。


▲上へ戻る


TEL: (0736)39-3026  FAX: (0736)39-3027
株式会社 はるす

プライバシーポリシー